株式会社コロナ

重大製品事故一覧(令和3年3月公表分)

事故発生日
(公表日)
製品名機種・型式被害状況事故内容事故発生
都道府県
事故の原因備考
令和3年2月18日
(令和3年3月16日)
石油ストーブ(開放式) NX-26Y 火災 当該製品の給油タンクに給油後、当該製品に 戻す際に灯油がこぼれ、当該製品及び周辺を 焼損する火災が発生した。 兵庫県 使用者が給油を行った際、カートリッジタンクの蓋(口金)が閉まったと誤認し、半ロック状態であったため、カートリッジタンクをタンク室に戻す際に蓋が外れて灯油が漏れ、簡易ライターを用いて点火した際に漏れた灯油に引火し、火災に至ったものと考えられる。
なお、取扱説明書、本体外装及びカートリッジタンクには、「蓋は、確実に「パチン」と音がするまで強く押す。」「蓋先端を指で持ち上げ、開かないことを確認する。」「給油口を下にして油漏れのないことを確認する。」「こぼれた灯油は、よくふきとってください。」旨、記載されている。
製造から20年以上 経過した製品
令和3年3月4日に消費者安全法の重大事故等として公表済
平成20年9月17日からリコールを実施 (特記事項を参照) 改修率:2.2%
令和2年10月2日
(令和3年3月19日)
石油ストーブ(開放式) SX-E3514WY 火災 当該製品を使用中、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。 福岡県 当該製品が異常燃焼したことで出火した可能性が考えられるが、事故発生時の詳細な状況が不明のため、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。 令和3年2月26日に消費者安全法の重大事故等として公表済
事業者が重大製品事故として認識したのは令和3年3月12日
このページの先頭へ戻る