株式会社コロナ

重大製品事故一覧(令和元年5月公表分)

事故発生日
(公表日)
製品名機種・型式被害状況事故内容事故発生
都道府県
事故の原因備考
平成31年1月28日
(令和元年5月10日)
石油給湯機 UIB-3020CX7(S) 火災 当該製品及び周辺を焼損する火災が発生した。 沖縄県 当該製品は、長期使用(24年)によりバーナーユニットの缶体への固定部が著しく腐食して不完全な固定状態であったため、燃焼室内の炎がバーナー口パッキン部から燃焼室外に漏れ、内部配線等の可燃物に着火して出火したものと推定される。 製造から20年以上経過した製品
事業者が重大製品事故として認識したのは平成31年4月25日
平成31年4月16日
(令和元年5月10日)
石油給湯機 UIB-4000HTX(F) 火災 異臭がしたため確認すると、当該製品を焼損する火災が発生し、周辺が熱変形していた。 岐阜県 当該製品は、長期使用(20年)により燃焼不良が発生し、燃焼部に未燃灯油が残り、燃焼停止後に残火が発生していたと推定され、燃焼室上部のダンパー内部が焼損し、ダンパーケースに発生した隙間付近の油比例弁が損傷し、灯油が漏れて灯油気化ガスが滞留し、爆発着火が生じて焼損に至ったものと推定される。 製造から15年以上経過した製品
このページの先頭へ戻る