株式会社コロナ

重大製品事故一覧(令和2年1月公表分)

事故発生日
(公表日)
製品名機種・型式被害状況事故内容事故発生
都道府県
事故の原因備考
令和元年12月9日
(令和2年1月10日)
石油ストーブ(開放式) RX-229Y 火災 建物1棟を全焼、1棟を類焼する火災が発生し、現場に当該製品があった。 群馬県 当該製品に出火に至る異常は認められなかったが、焼損が著しく、事故発生時の詳細な状況が不明のため、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。 事業者が重大製品事故として認識したのは令和元年12月25日
令和元年12月23日
(令和2年1月17日)
石油給湯機付ふろがま UKB-3200TX3(F) 火災 異臭がしたため確認すると、当該製品を焼損する火災が発生していた。 北海道 当該製品は、長期使用(28年)に伴う燃焼不良により排気経路(フィンの間)に多くのすすが付着し、排気ガス温度が上昇したことで排気筒と消音器を接続するパッキンが劣化して隙間が生じたこと及び点火棒が摩耗したことから、着火不良が繰り返されたことで、排気経路及び消音器内に未燃灯油及び未燃ガスがたまり、燃焼筒内で異常燃焼した火炎により着火、排気筒と消音器の結合部から高温の排気ガスが漏れたため、機器内部が温度上昇し、出火に至ったものと推定される。 製造から25年以上経過した製品
令和2年1月17日に消費者安全法の重大事故等として公表済
令和元年12月17日
(令和2年1月24日)
石油ストーブ(開放式) SX-B27WY 火災 当該製品を焼損する火災が発生した。 東京都 使用者が、消火した当該製品に給油した際に灯油がこぼれ、本体高温部に掛かって事故に至ったものと考えられるが、事故発生時の詳細な状況が不明のため、製品起因か否かを含め、事故原因の特定には至らなかった。 事業者が重大製品事故として認識したのは令和2年1月9日
このページの先頭へ戻る